一戸建て相続、一戸建て売却の日本AMサービス

戸建相続,一戸建て売却,戸建売却のお悩みを解決します

空家は18年後に2倍に

空家は18年後に2倍に

野村総研の調査資料によると住宅の総世帯数は2020年の5,305万世帯をピークに2025年には5,244万世帯に減少する中、2033年の総住宅数は約7,100万戸へと増大し、空き家数は約2,150万戸となり空家率は実に30.2%になると予測しています。

今後、居住地は都心へと集約され、地方や郊外は空き家が増加して行く傾向となると予想できます。

相続した不動産もこうした予想を踏まえて、どの様に対応するか非常に重要な事です。

コメント



認証コード5604

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional