一戸建て相続、一戸建て売却の日本AMサービス

戸建相続,一戸建て売却,戸建売却のお悩みを解決します

一戸建ての保有は相続税を払う

一戸建ての保有は相続税を払う

本日の日本経済新聞に気になる記事を発見しました。「注文住宅の顧客は平均年齢42.3歳、世帯年収は843万円」という記事です。住宅を取得する際には自己資金1,589万円、借入3,293万円で概ね5,000万円近い物件を購入している様です。

この金額相続税に当てはめてみると色々と見えてくる部分があります。恐らく5,000万円の一戸建て物件の相続税評価額は概ね3,000万円程度になると思いますが、平成27年度の相続税の非課税枠は3,000万円+相続人数×600万円です。これでは家を持ち、その他の資産を保有されている方の多くが相続税が課税される事を言っている事と同じですね。

将来的に受領する退職金や年齢を重ねるごとに消費性向が低くなると言う事を考えると相続税が課税される可能性は非常に高いです。

試算を守る意味でも相続対策の重要性が見えてきます。

情報ソース 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO76615800U4A900C1000000/

コメント



認証コード0230

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional