一戸建て相続、一戸建て売却の日本AMサービス

戸建相続,一戸建て売却,戸建売却のお悩みを解決します

財産目録の重要性

財産目録の重要性

平成27年度の相続税増税までもうまもなくです。今までは非課税枠が大きかったため、相続が発生しても税金がかからないケースが非常に多く、一般的に相続税対策という言葉が浸透してこなかったのだと思います。

一般的な世帯(妻、子供2人)で考えてみると、

今までは
5,000万円+(妻、子供2人×1,000万円)
合計8,000万円の非課税枠

これからは
3,000万円+(妻、子供2人×600万円)
合計4,800万円の非課税枠

この世帯の場合、3,200万円もの非課税枠が消えてしまいます。

仮に8,000万円の資産を平成27年度に相続した場合、
3,200万円×20%=640万円の税金を支払う事になります。(ここでは単純に考えます。)

ここで考えなくてはならない事が、この640万円の納税資金が資産の中にあるかです。

多くの方が相続税を払わない事に目が行きがちですが、この640万円の相続税がかかる事を予め把握をしておき、相続が発生した際に、残された方々が困らない様にすると言うのが相続税対策でもあります。

そのためにも財産目録を予め作成をして保有されている財産を把握する事が重要となります。

コメント



認証コード1034

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional