一戸建て相続、一戸建て売却の日本AMサービス

戸建相続,一戸建て売却,戸建売却のお悩みを解決します

建物と土地の所有者が違う

建物と土地の所有者が違う

相続した戸建を売却する際に割と多いのが、建物と土地の所有者が違うケースです。建物は相続人の息子さん名義で建築をして、土地は被相続人の名義となっているケースです。息子さんが親のために建ててあげたのでしょう。

こうしたケースで問題となるのが、建物の建設費を借入で行てローンの残債が残っている場合です。特に相続人が他にも複数いるケースだと、権利関係が複雑になります。

売却するにも遺産分割協議がまとまらないと売却もできません。そのため、利害関係者の状況をしっかり考えた上で方向性を相続人間で決めていく事が重要です。

一戸建ての相続、売却は専門的で利害関係の部分でまとまらない事が多いので、総合的に考慮できる専門家に任せる事で争族を未然に防ぐことが可能です。

コメント



認証コード0835

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional