一戸建て相続、一戸建て売却の日本AMサービス

戸建相続,一戸建て売却,戸建売却のお悩みを解決します

一戸建て売却時の境界明示、非明示

一戸建て売却時の境界明示、非明示

一戸建てを売却する際の売買契約書に境界についての規定があります。

契約書参考文「売主は買主に対し、残代金支払日までに、土地につき現地にて境界標を指示して境界を明示します。なお、境界標がないとき、売主は買主に対し、その責任と負担において、新たに境界標を設置して境界を明示します。ただし、どうろ部分と土地との境界については、境界標の設置を省略することができます。」この規定を境界の明示といいます。

境界は隣地と対象とする土地の境界線を明らかにする事で、売買後に権利関係にトラブルが起きない様にするためにあります。殆どのケースの場合、境界線が明らかとなっており、境界標、境界についての覚書を近隣と締結をしていますが稀にそうではない物件があります。

このケースの場合、売買契約書に境界非明示は有効なのかという質問がありますが、これは「有効」になります。売買契約書の内容で売主、買主が任意に決める事ができる部分の一つです。こうした規定を予め定めておく事で、急いで売却をして、相場より若干安い金額等で売却をする場合、こうした売主の義務規定を緩和する事も売却する際には非常に重要です。

コメント



認証コード1499

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional