一戸建て相続、一戸建て売却の日本AMサービス

戸建相続,一戸建て売却,戸建売却のお悩みを解決します

一戸建て売却時の瑕疵保険

一戸建て売却時の瑕疵保険

中古の一戸建てを売却する際に心配なのが売買契約書に明記される売主の瑕疵担保責任。瑕疵担保責任は雨漏り、物件の柱・梁等の躯体、シロアリ被害などに売主が売却後に責任を負います。売却が終了し「ほっと一息」と思っていたら数ヶ月後に物件に瑕疵があり、責任を取らなくてはならないのはたまったものではありません。

こうした瑕疵を保険でカバーできる商品も近年増加してきております。国土交通省もこうした瑕疵保険について整備をしております。

一戸建てを売却する際にはこうした保険を検討する事も重要です。

参考URL 中古住宅売買瑕疵保険について 国土交通省
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/jutaku-kentiku.files/kashitanpocorner/03-consumer-files/05-oldhouse-insurrance.html

コメント



認証コード8850

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional