一戸建て相続、一戸建て売却の日本AMサービス

戸建相続,一戸建て売却,戸建売却のお悩みを解決します

一戸建ての老朽化

一戸建ての老朽化

一戸建てはマンションと比較をすると耐用年数が短く、定期的なメンテナンスが重要となってきます。

老朽化の代表的な例

・給排水管の劣化
給排水管の劣化により水漏れが発生し、水漏れが影響で木部の腐食を引き起こし建物躯体が弱くなる可能性がございます。

・屋根の防水の劣化
屋根が劣化し水が入り込む隙間等ができてしまうと、雨漏りの原因となります。雨漏りが発生してしまうと、修繕が大規模になり費用が多額にかかります。

・外壁の劣化
外壁が劣化してしまうと、寒暖差による湿気、劣化部分から浸食する雨水による建物の躯体に影響がでてしまいます。

特に空家となっている一戸建ての場合、さらに劣化が加速してしまいます。

ご相談は無料にて行っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

御相談はこちらから

コメント



認証コード7786

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional