一戸建て相続、一戸建て売却の日本AMサービス

戸建相続,一戸建て売却,戸建売却のお悩みを解決します

新成人の一戸建てに関する考え

新成人の一戸建てに関する考え

パナソニック株式会社の新成人、親世代への住居に関する意識調査によると

新成人住居について
将来自分の家が欲しい・・・79.6%
将来持つなら一戸建てが欲しい・・・76.2%

親世代将来の同居・介護について
子供と同居したい・・・11.5 %
子供に近くに住んでもらいたい・・・45.8%

新成人の段階では一戸建てを保有したいという意識の中で、親世代は子供と同居したい割合が11.5%と非常に低い数字になっています。親世代もできれば同居を避け、老後の暮らしを送りたいという希望がある事がわかりますが、こうした場合、親世代が亡くなり、子世代が家を保有していると、使用されない戸建が増加する事が予想できます。住居に関するそれぞれの世代の考え、親子間の考えを予め話しておくことが非常に重要です。

参考URL パナソニック株式会社 生活者アンケート調査
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2014/01/jn140108-4/jn140108-4.html

コメント



認証コード9099

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional