一戸建て相続、一戸建て売却の日本AMサービス

戸建相続,一戸建て売却,戸建売却のお悩みを解決します

一戸建て住宅を賃貸にした際のトラブル

一戸建て住宅を賃貸にした際のトラブル

一戸建てを賃貸に出した場合のトラブルの代表例

[check]原状回復についてのトラブル
賃貸借契約時に原状回復についての賃借人としっかりと書面に残しておかなかった事により、退去時にトラブルとなるケースが多いです。賃貸に出す場合は、入居時に所定の契約書以外にも現況確認書や写真等で貸し出した際の状況を把握しておく事が非常に重要です。

[check]家賃滞納
賃貸募集だけ不動産会社に依頼をしている場合に発生する事が多いです。多くの方が不動産を貸すという事を行った事がないので、滞納があっても「通帳を確認していない」「どの様に滞納督促をしたらよいかわからない」「来月になれば払ってくれるだろう」と安易な考えをされてしまう場合が多いです。一般的に家賃滞納が2ヶ月になってしまうと回収できる可能性が非常に低くなります。その結果、長期的な滞納、法的手続きの費用がかかるなど非常に大きな損失になります。初めて賃貸をされる方は信頼できる賃貸管理会社に管理を依頼する事をお勧めします。

[check]入居してすぐのクレーム
築年数が経過している一戸建ての場合、賃貸をした後も度々修繕が発生します。給湯器が壊れてしまったり、ゴムパッキン劣化による水漏等、こうした事が発生してしまうのは入居前に機器のチェックがされていない事、長期的に空室で有った事が原因となります。賃貸する場合は必ず設備の作動確認、空室の一戸建ては非常に痛むので、早期に成約ができる募集条件を決めて頂く事が重要です。

コメント



認証コード5513

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional