一戸建て相続、一戸建て売却の日本AMサービス

戸建相続,一戸建て売却,戸建売却のお悩みを解決します

戸建売却の評価と査定

戸建売却の評価と査定

一戸建てを売却する査定評価して取引事例を利用した査定方法になります。
よくある複数社に一括査定サイトなどで行われる評価方法は取引事例による方法になります。

取引事例での査定は近隣で類似する物件がどの程度の金額で売買が行われたかなどを調査する方法になります。そのため非常に簡易的な査定価格が算出される事になります。
取引事例比較法は相場に基づき査定されるのは良いのですが、それぞれの物件の特殊性’(地形、内装、物件の状態)が考慮されていないため、せっかく高く売却できる物件も低く評価されてしまう可能性もあります。これは査定をしている会社さんが現地に行かずに机上で査定をしている点も問題です。また売却の受注を取りたいがために高額査定を行い、それでは売却できないケースもあります。

一般的な鑑定評価では、原価法(建物の構造、面積、築年数、土地の地形、面積、接道)、収益還元法(一戸建てを賃貸に出した場合の収益を考え価格を評価)などを考慮にいれます。これは取引事例が少ない場合に取引事例比較法を補う役割も果たします。また特殊な物件の場合、物件を仮に賃貸に出した場合に発生する収入で価格を決める収益還元法と言う方法でも評価が行われます。こうした評価の中で平均的な価格を割り出す事で多面的な価格評価ができる事となります。

特に特殊性のある物件(再建築不可、建物は古いが土地が広い、道路付が悪い等)の評価は単純な査定方法では評価が出にくい例もございます。

当サイトではこうした評価方法を考慮にいれながら、適性な評価を行う事で、最善の売却価格の提案をさせて頂いております。

簡易的に査定を行ってしまい、割安、割高で売却活動を行わない様に注意が必要です。

ご相談、査定は無料にて行っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

無料査定

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional