一戸建て相続、一戸建て売却の日本AMサービス

戸建相続,一戸建て売却,戸建売却のお悩みを解決します

戸建住宅の相続評価

戸建住宅の相続評価

家屋の評価
1)自用家屋 固定資産税評価額×1.0
2)貸家 自用家屋評価×(1-借家権割合)
3)使用貸借により貸付けられた家屋 自用家屋評価

※固定資産税評価額(各市町村)
地方税法に基づき3年一度1月1日時点の評価額で、固定資産税の課税標準になる価額。

土地の評価(路線価方式)

1)自用地
自宅用に使用されている土地の評価について説明させて頂きます。
一方

角地準角地

二方路線三方路線

2)貸家建付地
貸家建付地は相続対象の戸建を賃貸として貸し出している場合の評価になります。
貸家建付地

3)不整形地
いくつかの戸建住宅がまとめて建築されて場合に前面道路より通路を通って入る戸建の場合、不整形地にある土地として通常より評価が下がります。
敷地延長

4)その他
その他に下記の宅地の場合、通常の評価額よりも減価されます。
・がけ地等を有する宅地
・私道に接道している宅地
・セットバックを必要とする宅地

※路線価は国税局が毎年1月1日時点における標準地の価格で、相続税や贈与税の課税価格を計算する目安となる地価です。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional