一戸建て相続、一戸建て売却の日本AMサービス

戸建相続,一戸建て売却,戸建売却のお悩みを解決します

戸建の税金

戸建住宅の税金について

ここでは一戸建てを保有一戸建ての売却を行った場合にかかる税金について説明をさせて頂きます。

固定資産税は一戸建てを保有している場合に課税されます。

1)対象
 田、畑、宅地、塩田、鉱泉地、池沼、山林、牧場、原野その他の土地(雑種地)
 住家、店舗、工場、倉庫その他の建物
2)納税者
毎年1月1日現在の所有者(固定資産課税台帳に記帳)に対してかかる税金
3)税額
固定資産税 固定資産税評価額×1.4%
都市計画税 固定資産税評価額×0.3%
※ 住宅用地については、課税標準の特例措置
(ア)  小規模住宅用地(住宅1戸あたり200m2までの住宅用地)
 ・・・固定資産税評価額の1/6
(イ)  その他の住宅用地((ア)を超える部分の住宅用地)
 ・・・固定資産税評価額の1/3
危険な空家には軽減措置が適用されない事が検討sれています。

4)納税
年4回に分けて支払

※不動産登記がされていない物件であっても固定資産税は課税されます。

不動産取得税は一戸建てを取得した際に課税されます。

1)不動産を取得時にかかる
2)不動産の取得とは、売買・贈与・交換・建築(新築・増築・改築)
3)家屋・土地を取得したとき ・・・10万円以下非課税
                 固定資産税評価額×3%
※相続による取得をした場合には非課税になります。
(注1)死因贈与は相続には含まれません。
(注2)相続時精算課税制度により不動産の贈与を受けた場合には、不動産取得税が課税されます。

登録免許税は一戸建ての建物・土地を取得した際に登記をする際に課税されます。

1)土地を売買時にかかる 固定資産税評価額×2%(平成24年4月1日から平成25年3月31日まで1.5%)
2)相続、法人の合併又は共有物の分割 固定資産税評価額×0.4%
3)その他(贈与・交換・収用・競売等) 固定資産税評価額×2%

相続により一戸建てを取得した場合、建物、土地の固定資産税評価額に基づき、相続税が課税されます。

相続税の基礎控除
5,000万円+1,000万円×法定相続人の数
一戸建てのみが相続財産の場合、殆どのケースでは相続税は課税されません。他の資産をお持ちの方で相続資産が多い場合は資産評価が必要になりますので、お問い合わせ下さい。

check相続税改正のポイント

相続した土地、建物を売却した際に譲渡所得(分離課税)がかかります。
譲渡所得は、土地、建物を売却した金額から取得経費、譲渡にかかる費用をさしい引いて計算する事になります。

相続財産譲渡の場合の取得経費の特例
取得した相続財産(土地、建物、株式等)を相続開始の日の翌日から相続税の申告期限の翌日以後3年を経過するまでに譲渡した場合、相続税が取得費に加算される特例がありあます。

特例を受ける要件
・相続や遺贈により財産を取得した者
・財産取得をした人に相続税が課税されていること

check知って得する税金と評価
check相続をした戸建を売却する際の税金

ご相談は無料にて行っております。お気軽にお問い合わせ下さい!

御相談はこちらから

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional