一戸建て相続、一戸建て売却の日本AMサービス

戸建相続,一戸建て売却,戸建売却のお悩みを解決します

戸建の地形と接道

戸建の地形と接道

戸建住宅は建築基準法の基準により幅員4m以上の道路に2m以上接道をしている事が必要です。この規定が満たされていない戸建の場合、「再建築不可」と呼ばれる物件となり、建物を取り壊して新しい建物を建築できない物件となります。そのため、相続評価額も低くなりますが、「再建築不可」であるため売却を行う際に再建築可能の同様の物件と比較して割安価格でしか買手が付かない可能性があります。これは「再建築不可」であるため買手側の銀行の融資がつきにくいという事も要因です。

この様な「再建築不可」の物件は昔から土地をお持ちの方や、道路の開発がうまく行っていない地域にあるケースがあります。

隣地との協議により建築基準法の規定を満たす事も可能となりますが、費用と時間がかかってしまいますので、売却をされる方には現実的ではありません。

また「再建築不可」物件の場合、通常の仲介業者さんは扱うのを嫌がるケースやマイナスの事ばかり所有者の方に言って非常に安価な金額で売却をさせようとするケースもございますので、しっかりとした価格査定が重要になります。業者の安易な意見にはくれぐれもお気を付け下さい。
当サイトでは「再建築不可」物件も簡易的な取引事例価格ではなく多面的な評価をさせて頂き売却活動を行わせて頂きます。

[check]参考(地形の例)

一般的な土地
※一般的な宅地の場合、幅員4m以上の道路に宅地の接道部分が2m以上になります。

敷地延長
※敷地延長地形は道路から奥にある土地の地形を言います。幅員4m以上の道路に通路となる部分の接道が2m以上(図の赤線)になります。
この赤線が2m以上ない場合は再建築不可となります。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional