一戸建て相続、一戸建て売却の日本AMサービス

戸建相続,一戸建て売却,戸建売却のお悩みを解決します

事例①相続した一戸建て売買

事例①相続した一戸建て売買

実績
事例①練馬区石神井台戸建
3年前に相続した戸建の売却依頼です。
相続はされたのですが、お一人でお住まいでしたので、広すぎると言う事で今回お話を頂きました。物件は旗竿地となっており、公道の接道が2.0m以下でしたので再建築不可の物件でした。こうしたケースの場合、査定価格は非常に難しいため、不動産鑑定士と入念な打ち合わせを行い売却価格を4,000万円とさせて頂きました。
(再建築可能であれば7,000万円近くする物件です。)

大手を含めて数社にご相談をさせれていた様ですが、大手は再建築不可の物件でしたので、取扱いを行いたくない様子で連絡が途切れてしまい、他の会社は「1,000万円位にしからならない」と言われておりました。
そうした中で結果的に3,700万円で成約をしました、簡易的に査定を行われてしまったケースの3.7倍になります。

今回のケースで考える事は簡易査定は市場の取引価格に基づいて査定がされるため、物件の利用価値や様々なニーズに対応をしていない価格になるという部分です。今回のケースは再建築不可物件で特殊でしたので、如実にそうした弊害が出ていた例です。

成約期間2ヶ月半でしたが、結果的に本来の価値で地元にお住いの方へ売却ができ非常に良かったです。

石神井台戸建
お客様の声

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional