一戸建て相続、一戸建て売却の日本AMサービス

戸建相続,一戸建て売却,戸建売却のお悩みを解決します

一戸建ての任意売却と競売

一戸建ての任意売却と競売

何かしらの理由で金融機関への借入金の返済が滞ってしまった場合、物件を売却する事になります。その売却方法には2つの方法があります。
任意売却は競売によらない方法で競売は入札形式で売買が行われる方法です。

それぞれの詳細

項目任意売却競売
売却価格市場価格で売却市場価格の70%
債務残債務額が小さい残債務額が大きい
返済残債務の返済方法は債権者次第残債務を計画的に返済
精神面売却が早期にできるので精神的負担が少ない長期間かかるので精神的負担が多い

任意売却が明らかにメリットがあるかをご理解頂けたと思います。

競売の売買価格が低い理由
購入するのは不動産業者等のプロで転売を目的として、出来る限り入札額を下げて購入をしようとする。差押(登記がされてしまい処分権限がなくなる)されて物件はまだまだ一般の購入者の方になじみがないため、任意売却を行うのは早ければ早いほど良いです。
差押は金融機関への返済が6ヶ月程度です。それまでに金融機関、不動産会社を交えて売却に移りましょう。

[check]任意売却を依頼する会社のポイント
①大手はさける 
大手の担当は売りやすい物件(綺麗、人気がある、簡単)を先に整理する
大手は両手仲介を行おうとする(担当者、担当店舗で数字が欲しい)ため、情報が自社の中だけに留まり一般に広く情報が流通しないため、売却スピードが遅くなるばかりか価格も低くなる可能性がある。

②任意売却に対して知識がある。
任意売却における法的知識や金融機関と交渉ができる業者

③親身になり対応をする
金融機関との交渉等にアドバイスをくれる。早期売却のするために様々な提案をしてくれる。

[check]任意売却をうまく進める方法
①金融機関との関係
出来る限り金融機関と良い関係を保つ事が重要です。彼らはサラリーマンですので、できれば簡単な方法で売却を進めようとしますので、へそを曲げてしまうとこちら側の要望を受け入れないケースがございます。また売却後に負債が残る場合にも交渉等を行う際にも密に連絡を取り合い関係性を保つ事が重要です。

②自発的に行動をして頂く
多くの方が任意売却についてわからない事だらけだと思います。わからない部分はプロである私達がサポートしますが、売却における書類等の手続きやご案内等の立会など皆様のご協力があって任意売却が成功します。

③密に連絡を取る
金融機関の方針によって突然競売手続き等に移行してしまう可能性があります。そうならないためにも債権者を含む関連当事者との連絡は密に取り、現状の報告を関連当事者で共有する事が重要です。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional