一戸建て相続、一戸建て売却の日本AMサービス

戸建相続,一戸建て売却,戸建売却のお悩みを解決します

コインパーキングの固定資産税評価

コインパーキングの固定資産税評価

コインパーキングとして土地を利用された場合、住宅用地などと違い、税制上の優遇措置を受けられない可能性が高いです。そのため固定資産税や都市計画税が戸建で利用していた場合の税金と大きく変わる事となりますので注意が必要です。

また相続評価も他人に貸していても「自用地評価」(評価が高い)として評価されてしまうため、相続税が高くなることになります。

[check]参考
「自用地」と「貸宅地」
固定資産税(相続資産評価)の評価は「自用地」(自分で使用している更地)の方が自由に処分等ができるため貸宅地(他人が使用するために貸している土地)よりも評価が高くなります。
その理由は土地を借りている方の権利があるため、自用地に戻す際に立ち退きが必要であったりするためです。そのため「貸宅地」は「自用地」の70~80%の価値とされています。

コインパーキングの場合も他人に貸しているので貸宅地と思われますが、固定資産税の評価上は「自用地」となります。

また「自用地」(自分で使用している更地)は自己使用の住宅が建てられている場合の土地の固定資産税評価額の6倍となるため税金の負担額が大きくなります。

こうした税金等を考慮にいれながら運用を考える事が重要となります。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional